記事一覧

セルフ散髪

以前住んでいたところは、足が不自由な母さまでも

対応できる優しいスタッフがいる美容院があり
 
そこで、お世話になっていました。

まぁ、それなりのお値段ではありましたが……

なんとかというコンテストで受賞した腕前なので

確かに他の美容院よりは高かったけれども

維持期間がよく

それを考えるとコスパが良かったのです。

それに、カットだけとはいえ、母さまの体の負担もあり

回数が少ない方がありがたかったです。

でも、 こちらは田舎……。

それに、経済的にちと……

かなりか……

苦しいので今は私がカットします。

母さまの毛質はくせ毛で

頭の恰好も良いので ごまかしやすいのです。

足は通院の日……。

新しい医師と、初対面です。

少し、気分転換にとカットしました。

出来は、まぁまぁです。

「さっぱりしたわ、これで、明日の病院がなければね」 と母さま。

私も、正直に言って憂鬱です。

今日は敬老の日ですね。

母さまに何が食べたいかと尋ねると

「鰻」

それは、ちと無理なので次はと尋ねると

「すき焼き風の牛肉」

さっそく、冷凍庫の半額ストック牛肉を捜して……

ありました。

「僕も、お祝いしてよね」 と愛猫坊ちゃん。

そうですね。

もう、12歳と4カ月ぐらいですか……

さて、坊ちゃんには何をしましょうか……






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スイトピーの香り

Author:スイトピーの香り
父の事業の失敗。母の介護。兄弟もなく気がつけば50代のおばちゃん。
唯一の心の支えの坊ちゃん(愛猫)も11歳。
この先どうなるか不安だらけだけど、坊ちゃんが生きている間は踏ん張らなくては。
そんなおばちゃんのぼやきです。

最新コメント

カテゴリ