記事一覧

悪い事とは分かっているのですが…

隣にはワンちゃんがいます。

どういう事情で隣に来たのか分かりませんが、もうほとんど大人でした。

たぶん、柴犬……だと思います。

ある日突然犬の鳴き声がして

「お隣さん、犬を飼う事にしたのかしら」 と母さま。

「さっき、挨拶をしたけれども、何も言われなかったけど…」 と私。

そう、 普通犬を飼い始めたら一言何か言いますよね。

やっぱり、鳴き声はうるさいし、外で飼うのであれば匂いもあるし……

ちょうど我が家の居間付近に接する所に犬小屋がありました。

しかし、1年近く、以上? 経ちますが一言もないままです。

まぁ、 知らんぷりもしていられないので 私の方から

「女の子? 男の子? お名前は?」 と聞きましたが……

普通、鳴き声がうるさいかもしれないけれども よろしく とか何とか 

ありそうなものですが……

しかし、 この子はかわいい

しかし、 ろくな物を食べさせてもらっていないのか 痩せている

愛猫家の友人が

「これじゃ 飼い殺しだね」と一言。

それで、つい、 お隣がいない時におやつをあげてしまいます。

この間も、フラン食パンを父さまからもらったのですが

これを食べてから体調が悪くなり……

父さまへの拒絶からでしょう。

精神的なものです。

捨てるのももったいないので、薄く切り 気持ちだけマーガリンを塗り

そっと 運ぶのです。

そう、 悪い事とは分かっていますが、 痩せていて 可哀想で

虐待はしていないのですよ。

餌が良くないのでしょうね。

おやつも上げていないようで

この食パンをものすごく美味しそうに 嬉しそうに食べるのを見ると

思わず 涙が出てきます。

「我が家で飼ってあげればよいのだけれどもね。」 と母さま。

訳の分からない事をいうくらいです。

さて、まだ、残っているので お隣がいない時にまた 持って行きます。

愛猫坊ちゃんは 我が家に入り込んで幸せでしょうか。

もっと 優遇してくれる飼い主もいるでしょうけれど

もっと 裕福な飼い主もいるでしょうけれど

これが 精いっぱいです。

幸せだと 思ってくれるといいのですが……

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スイトピーの香り

Author:スイトピーの香り
父の事業の失敗。母の介護。兄弟もなく気がつけば50代のおばちゃん。
唯一の心の支えの坊ちゃん(愛猫)も11歳。
この先どうなるか不安だらけだけど、坊ちゃんが生きている間は踏ん張らなくては。
そんなおばちゃんのぼやきです。

最新コメント

カテゴリ