記事一覧

僕、分かっているよ

愛猫坊ちゃんの怪我の具合が心配なのです。

坊ちゃんは、本猫の意思に反して私の独断でオカマちゃんになりました。

ですから、可愛いお尻には中身のない袋がぶら下がっています。

怪我の位置は、微妙で袋の下あたりをやられていました。

病院に連れていくほどではないかと、素人判断です。

お薬だけ、事情を話し頂きにいきました。

「何かあったら、すぐに連れてきてくださいね」とお医者様。

家の経済状況をよく御存じで、無理強いはなさいません。

有難いことです。

坊ちゃんも、朝夕のお薬を理解しているようで、

「まだ飲まないといけないね。痛いもん。」

「よく我慢したでしょ、僕もう寝るね」

と、お座敷のテーブルにのっかります。

このテーブル、天板が一枚板の分厚いものなので、夏は冷たく気持ちがいいようです。

曾祖父の物です。

今は、坊ちゃんの夏用ベットになっていますが……    

とても、心配です。

今週の木曜日までお薬はあります。

その後、あまり良くなければ金曜日か、土曜日の午前中に連れて行きます。

さて、今月は坊ちゃんのお薬代かかったからなぁ……

頑張って、カタカタばぁばぁになりますか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スイトピーの香り

Author:スイトピーの香り
父の事業の失敗。母の介護。兄弟もなく気がつけば50代のおばちゃん。
唯一の心の支えの坊ちゃん(愛猫)も11歳。
この先どうなるか不安だらけだけど、坊ちゃんが生きている間は踏ん張らなくては。
そんなおばちゃんのぼやきです。

最新コメント

カテゴリ